関節拘縮

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数954
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    組織障害問題評価運動原因治療分類影響変化

    代表キーワード

    関節拘縮

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ☆ 関節拘縮について
    今回、関節拘縮について調べたましが、いくつかの参考資料のなかでも、その概念が多少異なっており、発生機序についても病理学的に未だ正確に解明されていないと書かれていました。
    そのため今回はいくつかの参考資料を基に、私的にまとめました。
    1.ROM制限とは
    ROM制限は一般に拘縮と強直とに分類される。
    また、ROM制限の原因別に①関節周囲の軟部組織に起因するもの、②関節構成体に起因するもの、③遠位部位からの影響に起因するものという分類も存在する。
    ①関節周囲の軟部組織に起因するもの:
    原因となりうる軟部組織には、筋、腱、皮膚、(靭帯)などがある。これらの多くは弾性線維で構成されており、筋では短縮および萎縮が、腱、皮膚、(靭帯)などでは短縮がROM制限の原因となりうる。
    ②関節構成体に起因するもの:
    関節構成体の問題としては、関節の遊び(joint play)の減少と関節運動軸の偏位がある。
    ③遠位部位からの影響に起因するもの:
    ROM制限は、該当関節の問題のみでなく、他の部位からも影響を受ける。
    代表的なものには  ・手根列で形成される手のアーチが高いものに見られる手関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。