Impairment~PartⅠ

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数314
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    組織化学障害運動制御変化原因神経治療細胞

    代表キーワード

    化学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    様々なImpairment(機能障害)について
    1)はじめに
    ・Impairmentとは、障害の一時的レベルであり、疾病から直接生じてくる心理的、生理的または解剖学的な構造や機能の欠損あるいは異常である。機能障害には一時的なものと永続的なものとがある。また、機能障害は能力低下(Disability)や社会的不利(Handicap)の原因となる可能性がある。
    2)炎症(inflammation)
    ・炎症は色々な刺激でその局所に起こる生体反応である。また、炎症は単に有害刺激による局所の被害状況だけを示しているのではなく、被害を局所にとどめ、有害な刺激の作用を除き、あるいは軽くし、さらにはそこに生じた細胞・組織の損傷を修復しようとする生体防御の意味をもった反応である。炎症は治癒にむかうための正常で必須の前提条件である。
    ・炎症の修復過程は以下の3つの段階に分類することができる。
    ①炎症期(第1日~6日)
    ・炎症期は創傷が治癒に向う準備段階である。止血、血管、細胞、免疫反応の相互作用であって、それらの反応は多くの神経因子と化学因子によって媒介される時期である。温熱療法はこの時期は禁忌であり、寒..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。