~肩関節~

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数971
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    運動医学組織制御感覚神経解剖構造力学傷害

    代表キーワード

    肩関節

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    第1回勉強会
    ~肩関節~
    ・肩甲上腕関節(Glenohumeral Joint:GH Joint)
     肩甲上腕関節は上腕骨の大きな凸状の骨頭と凹状の浅い関節窩との間で形成される多軸性の典型的な球関節である。この関節は肩に広範囲な可動性を生み出すために、共に運動する肩甲骨と協力して機能する。解剖学肢位では関節窩の関節面は肩甲骨内側に対して、約5度の上方傾斜している。
     また、関節窩が関節頭に比べて非常に小さいため(ゴルフボールが五円玉の上に乗っかっているようなイメージ)、関節窩の周縁は関節唇によって拡大されている。関節包はゆるくて広く、上方は肩甲頚および関節唇の外面から起こり、下方は上腕骨の解剖頚・大結節・小結節などにつく。その際、結節間溝の上では橋のようにこれをおおい、その下にできる空間は上腕骨頭を越えてくる上腕に二頭筋の腱を通している。関節包は烏口上腕靱帯と関節上腕靱帯の二つによって補強されている。
    ・肩甲上腕関節の静的安定性
     通常、腕を垂らして立位をとったとき、上腕骨頭は関節窩に対して安定している。この静的安定性を制御しているメカニズムの一つに肩甲上腕関節におけるロッキングメ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。