日本文学文化特講<近現代>江戸川乱歩『芋虫』評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数564
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『江戸川乱歩の作品から一つ選び論ぜよ』
    「芋虫」。
    このタイトルにただただ惹かれてこの作品を選んだ。岩波書店『広辞苑第五版』によると、芋虫とはチョウやガの幼虫で毛のないものの総称とある。田舎暮らしの私にとっては幼い頃よく目にしていた。しかし蛙やミミズ、バッタなどは安易に触っていた私であったが、芋虫だけは触れなかった。それ程気持ち悪く、近づけないオーラのある恐ろしいものに感じていた。
     江戸川乱歩著「芋虫」はわずか三十ページだが読者に与えるインパクトは大きい。「芋虫」は初出掲載時、「新青年」編集長の意向で「悪夢」と題され話題を呼んだ。なぜ「悪夢」だったのだろうか。
    作品の中で時子は「えたいのしれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。