教育原論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数59
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ」
     ジョン・ロックは、1632年8月29日 にイギリスで生まれ、1704年10月28日に死去した。
    哲学者・社会契約論者・ピューリタン信仰者・医者など多彩に活躍した。
    その中で、ジョン・ロックにおける「子どもの教育論」について述べる。
    ジョン・ロックの教育論は、一般的に「紳士教育論」といわれている。
    紳士(ジェントルマン)は、健全な身体と道徳と知識を持っているべきであるという考え方で、理性的に適した事柄にしか同意しないように、精神を正しくすることが教育において重要であると説いている。  
    また、子どもをどのように捉えるかという考え方をタブラ・ラサ(精神白紙説)の中で述べている。
    タブラ・ラサとは、「白い紙(消された石版)」という意味で、人間は本来白紙)であり、全ての感覚は経験に由来すると主張している。
    つまり、持って生まれた特質ではなく、育つ環境や教育によって人間の本質は決定されるという理論である。
    このような事を踏まえ、より詳しく考察する。
    まずは、上記に述べた「タブラ・ラサ」についてより詳しく述べる。
    ジョ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。