教育社会学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数69
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると、教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ』
    学歴社会とは、学歴によって社会における職業選択、給与体系や社会的な権威が左右され、社会の基準として学歴に重きをおかれる社会のことである。単純に言えば、「いい大学」にはいれば、「いい会社」にはいれ、「いい人生」を送れるという意識の共有化された社会のことである。また、明治時代から現代に至るまでの日本の社会を指すものとして認識されており、これまでこの「学歴社会」という言葉が、現代の日本社会ではあまり良いイメージをもって語られることはなかった。なぜなら、その人間が内面的に持つ「本来の資質」を考慮せず、うわべの「勉強ができるかどうか」だけでその人間を評価する理不尽かつ非人間的な社会として語られることが多かった為である。
    この学歴偏重主義はわが国において非常に根強く浸透しているため、求職者のほとんどが「受験」を経験し「合格」を通過し、そして「学歴獲得」を成し、「高い地位・特権」を獲得しようとするといった一連の流れを踏むのである。
    学歴に価値をおく理由として、能力あるいは人格のひとつの指..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。