算数科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数236
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「算数科教育の目標と評価について、双方の関係を含めて記述し、その後、自分の視点で考察せよ(4枚程度)。数と計算、量と測定、図形、数量関係、集合・論理の教育の内から一つを取り上げて、各学年での指導内容と構成と、指導ポイントについて記述せよ。(4枚程度)」

    算数教育は、現代社会の変化や児童の発達の特徴に応じて、常に見直しが図られ改善されなくてはならない。      
    現代の児童達は情報化・国際化などで国を超えた様々な人々との協力のもと「生きる力」が必要になってくる。そのため、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「算数科教育の目標と評価について、双方の関係を含めて記述し、その後、自分の視点で考察せよ(4枚程度)。数と計算、量と測定、図形、数量関係、集合・論理の教育の内から一つを取り上げて、各学年での指導内容と構成と、指導ポイントについて記述せよ。(4枚程度)」
    算数教育は、現代社会の変化や児童の発達の特徴に応じて、常に見直しが図られ改善されなくてはならない。      
    現代の児童達は情報化・国際化などで国を超えた様々な人々との協力のもと「生きる力」が必要になってくる。そのため、「確実な学力」「創造性」「表現力・コミュニケーション力」の育成が算数科のキーワードであり、必要なことである。そして、算数教育の歴史をこれらの視点から捉え直してみることも重要なことである。
    では、算数科教育の目標と評価について、双方の関係を含めて記述する。
    まず、算数教育の目標は「国の定める基準としての目標」と「数学教育学研究の立場からの目標」の2つに大別される。
    「国の定める基準としての目標」は、算数の基礎的知識の理解・適用・表現・積極的な態度の育成といったものであり、「数学教育学研究の立場からの目標」は、算数をコアに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。