教育心理学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数78
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。』
     
    「適応」とは本来生物学で使われる言葉であり、動物が周囲の色に合わせて色を変えたりなどの環境や状況に応じて、自らの生存に有効な習性を示し、生理的変化が出来ることをいう。
    適応とは、主体としての個人が、その欲求を満足させようとして環境の諸条件と調和するために

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。』  
    「適応」とは本来生物学で使われる言葉であり、動物が周囲の色に合わせて色を変えたりなどの環境や状況に応じて、自らの生存に有効な習性を示し、生理的変化が出来ることをいう。
    適応とは、主体としての個人が、その欲求を満足させようとして環境の諸条件と調和するために取る行動や態度の調整のことをいい、社会的環境に対しての心理的・文化的「適応」が重要で意味をする。そして適応には、環境や状況に自己を適合させていく「受動的」な形と、環境に働きかけて変革するという「積極的」な適応の形がある。人が適応のための行動を起こす際には必ず「原因」が存在するが、そこにはさまざまな「原因」があり、それらに対する「動機付け」はさまざまである。また、めざす目標の位置や重要性と自分との関係によっては数種の「葛藤」が生じ、これら心的作用が人の行動に対して影響を与える。「欲求不満」も同様にいくつかのタイプがあり、適応、不適応にかかわる重要な心的作用として考えられる。  「葛藤」は人なら誰でも経験する心の作用である。当然ながら「適応」行動の際..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。