成年後見制度における「自己決定の尊重」について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数384
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設問:成年後見制度における「自己決定の尊重」について説明し、これについて成年後見人等がどのように職務を行うかを説明せよ。(1000字程度)
    私たちの生活の基本的なルールでもある民法において、基本原理とも言える私的自治の原則によると、誰もが自己決定に基づく自由な合意としての契約を利用し、私的な生活を過ごすことは社会的に是認されたノーマルなライフスタイルと言えます。このことを現行の成年後見制度における、「自己決定の尊重」、「本人の残存能力の活用」、「ノーマライゼーション」3つの新しい理念に照らして考えてみると、意思能力や判断能力の低下した高齢者や障がい者にとっても本人の有する能力を活用(残存能力の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。