4バイステックの⑦原則について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数367
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    個別援助技術では、援助者が利用者とその家族に対して個別に向き合って支援をする。従って、援助者が利用者にどのような姿勢で向き合うことができるかが重要になる。援助者が遵守すべき基本姿勢はバイステックの7原則に則る事、面接技術を高めること、援助者の自己覚知を進めることである。
    バイステックの7原則とは、①個別化の原理②意図的な感情の表現の原則③統制された情報関与の原則④受容の原則⑤被審判的態度の原則⑥自己決定の原則⑦秘密保持の原則で、この原則を介護支援専門員として利用者を前にしたときの態度にあてはめてみる。
    ①個別化の原理
    初回面接時に、「寝たきりのケース」「認知症のケース」「通所サービス利用希望の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。