1社会福祉の理念について説明せよレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数985
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉の基本理念は日本国憲法第25条に記された「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利(生存権)」が根拠である。福祉(ふくし)とは、「しあわせ」や「ゆたかさ」を意味する言葉で、対象者が限定されていないことから、「広義の福祉」と言うことができる。 その一方で「社会的に弱い立場にある人々への援助や支援」という意味での福祉は対象となる人々が限定されていることから、「狭義の福祉」として位置づけることができる。
    「広義の社会福祉」とした場合、社会保障と公衆衛生の政策を含み、それを「公共の福祉」とする。
    ただ、法律や政策上では、「狭義の社会福祉」として、社会保障の一分野として捉えられており、具体的には、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。