聖徳大学 教育相談 第1課題 第1設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数522
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題「2つの設問とも答えなさい。(各800字程度)
    1.クライエントに沈黙が起こった際の扱い方について述べなさい。
    2.非言語的コミュニケーションとは何か。具体的に説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
     Ⅰ:日常生活で沈黙が続くととまどいを感じ、時には強い緊張感を覚える。間がもてなくなり言葉をはさんでしまったり、話題を変えたりしがちである。またカウンセリング中にもしばしば沈黙が起こるが、その沈黙は、会話の休止符・句読点の役割を果たし、それ自体が意味を持つ事もあるので慎重に取り扱わなければならない。
     まず、沈黙が起きる原因として、1つにカウンセラーから沈黙が起きる場合がある。カウンセラーが相談をやる気がない時、言葉に詰まってしまう時に起こり、これは「治療的沈黙」とは異なる。
     一方、来談者から沈黙が起きる場合は、避けたい話題に触れた時、記憶や感情を思い出している時、言う..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。