戦前日本における皇族とはどのような存在であり

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数147
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本戦後役割内閣天皇制度理由戦前

    代表キーワード

    憲法

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●戦前日本における皇族とはどのような存在であり、終戦時においてどのような役割を果たし、またその後、占領下でどのような変化があったのか。
    そもそも「皇族」の定義は、旧皇室典範によってその範囲を定められた、皇統に属する天皇の一族とされた。(天皇は皇族ではないとされた。)皇族の構成員は、「皇后・太皇太后・皇太后・皇太子・皇太子妃・皇太孫・皇太孫妃・親王・親王妃・内親王・王・王妃・女王」であるとされた。皇族は天皇と合わせて「皇室」を形成した。皇族は皇統が途絶えそうになったとき、皇位を継承するという役割を持っていた。要するに、宮家は皇統を安定的させるために創設された制度であったと言える。
    終戦時には皇族..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。