★000460 道徳教育の研究 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数189
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    000460 道徳教育の研究 2単位目
    ≪課題≫
    1.児童の道徳性の発達について述べよ。
    2.道徳教育を成功させる方法の原理について述べよ。
    ≪講評≫
    1.先行研究に言及し、よく検証されています。
    2.4点について、実践に即してさらに考察を加えましょう。
    1 道徳性の定義については色々な見解があるが、社会に存在している様々な規範、規準、価値などを知り、自分の考えや行動を調整していこうとする個人の特性と考える。この道徳性が、どのように発達するかについて、多様な研究がなされてきた。以下では、児童の道徳性の発達について、諸説を示した上で、どのような過程を経て、児童の道徳性が発達していくか論述する。
    (1) ピアジェは、道徳性の発達について、認知発達理論の立場から研究を重ね、子どものゲームを分析することにより、「他律の道徳」から「自律の道徳」へと発達することを明らかにした。
    (2) コールバーグは、ピアジェの理論を発展させ、道徳判断の発達段階には3水準6段階があると考えた。年齢が高くなるにつれ段階も上昇するが、各年齢に各段階の傾向が混在していることも示された。
    (3) バンデュラは、社会的学習..

    コメント1件

    bond 販売
    類似レポートは不合格になります。
    2012/03/28 6:08 (4年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。