★000460 道徳教育の研究 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数171
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    000460 道徳教育の研究 1単位目
    ≪課題≫
    1.道徳の意義とその教育の必要性について論述せよ。
    2.明治以降のわが国の道徳教育の変遷について述べよ。
    ≪講評≫
    1.“2つの視点”をとりあげ、よく論じています。
    2.歴史の要点を示し、よくまとめています。
    1 以下では、まず道徳の意義について論じ、その後、道徳の必要性について、本来的必要性と現実的必要性の2視点から論じていく。
    (1) 人は、社会的存在であるため、人間として人の間に生きていかなければならない。そのため、人間関係を最も好ましいものとしていくためには、どのように生きるべきかという問題に行き当たる。この問題は、自己または人間相互間の行動規範を必要とする。そして、この規範こそが、社会規範としてみた道徳である。人は、人として生まれた時から道徳的に生きるべきとの自覚はないため、教育が必要となる。道徳は、人が真に人間らしい人間になるために必要な教育であるといえる。
    (2) 人間は、極めて能力の低い動物として誕生する。誕生時点では保護の対象であり、人間ではなく「ヒト」として扱われる。人間として扱われるためには、他者の存在を意識できな..

    コメント1件

    bond 販売
    類似レポートは不合格になります。
    2012/03/28 6:08 (4年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。