★000459 初等教育原理Ⅰ・Ⅱ 4単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数227
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    000459 初等教育原理Ⅰ・Ⅱ 4単位目
    ≪課題≫
    1.学校経営についての近年の動向のうち、自分の関心のある動向の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2.家庭教育の現状、問題点について考察せよ。
    ≪講評≫
     学校経営の近年の動向や子どもを取り巻く環境の変化について、よく検証されています。
    1 1996年、行政改革委員会は、「規制緩和の推進に関する意見(第2次)」において、学校選択制を推進する意見を出している。そこでは学校選択制の制度目的は、市場原理と自己責任の原則を前提に、保護者が選択権を行使することで、子ども達によりよい教育を保障することにあるとしている。
     確かに、選択される側の公的機関である学校が、民間のような競争の原理を取り入れることによって活性化すると考えられる。学校選択制を取り入れた学校の保護者のアンケートにも、学校選択制のメリットとして、学校ごとの特色が活かせる、学校や教師の質が向上するといった回答も多い。また、選択する側からのメリットとして、自分で選択した学校に行けることで意欲が高まる、保護者の教育に対する関心が高まるという回答もある。更には、いじめや不登校への配慮も挙げる..

    コメント1件

    bond 販売
    類似レポートは不合格になります。
    2012/03/28 6:08 (4年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。