★000451 教育方法学Ⅰ 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数136
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    000451 教育方法学Ⅰ 1単位目
    ≪課題≫
    我が国の教育方法の歴史をまとめた上で、今後の課題を整理せよ。
    問題解決学習について調べ、具体的な実践例を考えよ。
    ≪講評≫
    教育方法の流れに関して、理解が得られました。現在の動向なども意識しておくと良いでしょう。
    具体的な面からも、検討が進められています。
    1 日本では教育方法について、主体を子どもに置くか知識に置くかが常に論じられてきた。以下、教育方法の歴史についてまとめ、更に今後の課題について検討する。
    日本の教育方法が意識されるようになったのは、江戸時代からである。その時代の教育を代表する寺子屋では、教師が手本を与え、学習者は手本を学ぶ・真似ることが尊重されるものであり、手本は学習者の興味を喚起し、発達段階に適したものであった。
     明治期の教育は、欧米諸国に追いつくための人材育成教育であり、教科書を用いて授業を行う、画一的な一斉教授が行われた。
     学制公布後、師範学校ではペスタロッチの教育理論に基づく開発教授が教えられたが、明治中期以降は、臣民教育と教育内容の統制にも寄与できる、ヘルバルト学派の五段階教授説の影響を強く受けた画一的な..

    コメント1件

    bond 販売
    類似レポートは不合格になります。
    2012/03/28 6:11 (4年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。