★000571 教育相談研究 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数105
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    000571 教育相談研究 2単位目
    ≪課題≫
    いじめの相談活動のあり方について論述せよ。
    非行の相談活動について論述せよ。
    ≪講評≫
    課題の意図を踏まえて論述しています。
    ポイントを的確に把握して論述しています。
    1 近年のいじめは、集団化、長期化、陰湿化し、誰もがいじめの対象になる危険性をはらんでいる。このようないじめが起きる背景として、4つのことが考えられる。
    まず、1つ目に経済的な豊かさによる自己中心的志向がある。自分さえよければよいという社会的風潮があり、その影響を強く受けているものといえる。
    2つ目に、過度の平等意識、中流意識の浸透がある。戦後権威の希薄化により集団を維持し秩序を保つことが難しくなった。これは学校現場にもいえることで、教師は学級の秩序を維持することが難しくなっている。また、中流意識が浸透し、似た者同士の中で少しでも相手に優れた部分があると妬み、いじめる傾向がある。
    3つ目にストレスがある。子供達はストレスにさらされる機会が多くなったものの発散する場所が少ないため、自分より弱いものをいじめることで発散せざるをえない状況がある。
    4つ目にギャング集団の消滅がある..

    コメント1件

    bond 販売
    類似レポートは不合格になります。
    2012/03/28 6:11 (4年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。