★000454 教育課程論 4単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数267
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    000454 教育課程論 4単位目
    ≪課題≫
    カリキュラム(教育課程)の評価について、他の教育評価、とくに授業評価と学力評価に関連し、その意味や意義、課題および留意点などについてまとめなさい。
    現代の学校教育がもつ複数の課題について、今後のカリキュラム改革と教育経営に関連して論じなさい。
    ≪講評≫
     カリキュラムの評価と学校教育の課題について、多面的に考察されています。
    1 カリキュラムとは、子供達の成長と発達に必要な文化を組織した体系的な計画と、それに基づく実践と評価を統合した営みと定義される。この編成と組織に関する評価をカリキュラム評価という。カリキュラム評価の領域には、カリキュラム全体の理念や各教科・領域等の目的、授業、単元の配置、編成原理、履修原理というカリキュラムの基本要件についての評価、また、カリキュラムを直接的に成立させている教育諸条件などについての評価がある。
     以下では、カリキュラム評価の意義や課題などについて、学力評価と授業評価に関連し論述していく。
     カリキュラムと授業実践や教育実践とは、一体の関係にあるため、カリキュラム評価は、学力評価や授業評価と密接に関係して..

    コメント1件

    bond 販売
    類似レポートは不合格になります。
    2012/03/28 6:11 (4年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。