458 児童心理学 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数183
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども発達社会心理幼児問題分析方法集団行動

    代表キーワード

    児童心理学458

    資料紹介

    1,横断的方法・縦断的方法、発達研究法としての事例研究法について説明しなさい。
    2,愛着(アタッチメント)の形成とその発達的意義について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1) 子どもの加齢に伴う発達的変化を追跡し、一般的傾向を明らかにする方法として、横断的方法と縦断的方法が用いられる。
     横断的方法は年齢ごとの集団に協力者を得て、それぞれの年齢で得られる値を利用する方法である。「ある時点での、異なる年齢集団」の異なる年齢集団の違いを調べる。この方法ではサンプリングが比較的容易であり、短時間で経費をあまりかけずに必要な資料を収集できる。しかし、この方法で得られる資料は発達の一般的傾向である。
     縦断的方法は同一の協力者について、長期にわたって繰り返して面接や質問し調査を行う方法である。「異なる時点での、同一集団」の違いを調べる。つまり一定の対象に、毎年周期的に検査や測定、面接などを行い、資料を収集する。長期間の調査になるため、サンプリングすることが難しいこと、被験者の病気や引っ越しなどの理由で資料のロスが大きいこと、そして費用がかさむなど難点が多い。この方法では最終的な資料を得るまでかなり大変であると言える。しかし、個人の多様な資料を逐年的に収集しておくことによって発達的変化にどのような変数が関与しているか分析することが可能である。また、種々の行動発達..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。