459 初等教育原理 I・Ⅱ 4単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数87
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1,学級経営についての近年の動向のうち、自分の関心のある動向の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2,家庭教育の現状、問題点について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学校経営とは、それぞれの学校において、学校教育目標の効果的な達成を目指して、教育活動を編成し、展開する中で必要な教育諸条件を計画・実施・評価のサイクルをふまえて整備し、その組織運営に関わる諸活動を管理し、意思決定を測って実現するとともに、その教育活動お計画的で持続的な改善を求める創意的な機能をさす。
     学校経営は学校内部だけで解決するものではない。地域や家庭に開かれ、教育行政とも連なっている。今日、教育行政と学校経営のつながりにおいて大きく二つの面で変わりつつある。一つは子どもの主体性や個性の育成→校長の裁量権の拡大→教育行政の支援と言う流れの中で教育行政は学校を指揮・命令するという面をできる限り弱め、指導・助言あるいは支援する役割を強めようというものである。規制緩和は、学校経営の相対的独自性を強める方向をとりより地域の独自性をふまえた、地域の文化や学習の振興への期待を高まっている。その実現のために学校や地域の教育課題や学校の運営、教育活動等について、教職員と保護者、地域住民、子どもたちが参加して話し合う組織が「学校協議会」である。日本で学校協議会が注目されるようになったのは、①学校..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。