舎利弗

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数124
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    仏教の課題レポート。舎利弗のことのまとめ。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    題材L090185柏山裕祐
    舎利弗
    [全体説明]
    舎利弗(しゃりほつ)は釈迦の十大弟子の一人であり舎利弗はバラモン階級の子として将来を嘱望されつつ生まれた。シャーリー(サーリー)は母親の名前で「鷺」を意味し、プトラ(プッタ)は「弗(ホツ)」と音写し「子供」を意味するため、漢訳では舎利子とも表されます。つまり直訳すれば「鷺家の子」という意味である。釈迦弟子中において、智慧第一と称される。釈迦の弟子1250人の中「智恵第一」と讃えられ、目連と双璧を成して舎利弗と目連を特に二大弟子と呼びます。また舎利弗の家族は父ヴァンガンタ、母サーリー、長男ウパティッサ(=舎利弗)、二男ウパセナ・ヴァンガンタ・プッタ、三男マハーチュンダ、四男レーヴァタ・キャディラ・ヴァニヤ(離婆多)で、カーラ、ウパカーラ、シスパカーラという3人の甥がいました。マガダ国の王舎城(ラージャガハ)出身で裕福なバラモンの家に生まれる。幼名は優波帝沙(ウパティッサ)といった。隣村の目連と親友の仲。目連とともに、当初はサンジャヤ・ベーラッティプッタに師事した。釈迦の弟子のアッサジ(阿説示)比丘と出会い、アッサジを通じて釈迦の教えの一部..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。