人権(同和)教育研究 科目最終試験 全6題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数2,882
ダウンロード数84
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人権(同和)教育研究 科目最終試験 全6題の解答です。
    教科書の内容をまとめました。また、教科書特有のまわりくどい書き方を省略し、必要な部分を抽出したので、量を抑えることができているので、暗記もしやすくなっています。
     私はこの内の2番の問題で80点で合格しました。
    内容は十分にクリアしています。また用紙の3/4も達します。
    ぜひ参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人権(同和)教育研究 科目最終試験 全6題
    1、人権教育の定義(人権教育のための国連10年)を100字以内でまとめ、
    これを踏まえた人権(同和)教育のあり方について論じること。
    2、宣言・綱領・決議や設立の経過・意義などから
    「全国水平社(1922年3月3日創立)」について論じること。
    3、人権教育と同和教育の関連について述べよ。
    4、部落問題解決に向けた近代以降(戦後を中心に)における
    同和行政(教育以外の取組を中心に)の取組について論じること。
    5、50年に及ぶ戦後の同和教育のあゆみと意義について論じること。
    6、学校教育における人権(同和)教育のあり方について実践にふれながら論じること。
    1、人権教育の定義(人権教育のための国連10年)を100字以内でまとめ、
    これを踏まえた人権(同和)教育のあり方について論じること。
     1995年から2004年までを「人権教育のための国連10年」として国際的に人権教育の普及と確立に向けて取り組みが進められてきた。そして人権教育とは「知識とスキルを分かち伝え、態度を育むことを通じて、人権の文化を世界中に築きあげることを目的とする教育・訓練・情報提..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。