教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数374
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育相談の研究のA評価レポートです。

    参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
     1、学校カウンセリングとは
    学校カウンセリングは、学校における不登校・いじめ・非行などの子どもの行動が、学校の問題としてのみでなく、社会現象として捉えられたこと、またこれらの問題に対し、教育的関わりのみでなく、カウンセリング的関わりの重要性が求められ、学校におけるカウンセリングの必要性が強調されたことによって生まれてきたものである。人間の心は、超自我(理想の姿を求める心)・自我(自分の行動を決定する心)・イド(快楽を求める心)の三重構造によって成り立っている。こられ三者のバランスが崩れることにより、子どもの問題行動が発生すると考えられている。学校におけるカウンセリングでは、人生において誰もが持つ悩みに対してではなく、子どもの非社会的行動や反社会的行動、また神経症(ノイローゼ)による悩みに対して、心の三重構造のアンバランスを修正することが目的である。
     カウンセリングは大きく分けて2種類ある。専門的な知識と技術を用いて、患者の症状や病気を治療する「治療的カウンセリング」と、子どもの人格(心的構造)がバランス良く発達を遂..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。