代数学概論第2設題 A評価レポート 2011年度版

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数591
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    代数学概論第2設題A評価レポートです。
    2011年度から設題が変更になっているので参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設題
    1,
     3次正方行列 について、次に答えよ。
    (1) Aの行列式を求めよ。
    (2) Aが逆行列を持つための条件を求めよ。
    2,
    行列A= について
    (1)Aの行列式を求めよ。
    (2)Aの余因子行列の第4行を求めよ。
    (計算の途中経過も残すこと)
    3, Vを実ベクトル空間としa,b,c,dをVに属するベクトルとする。
    dがa,b,cの線形結合で表されるとき、
    a,b,c,dが線形従属であることを線形従属の定義に従い示せ。
    4,
    a1=   ,a2= ,a3= ,b1= ,b2= ,
    b3= とする。
    a1,a2,a3が3項実ベクトル空間 の生成系であり、a1,a2,a3の
    各々がb1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。