スポーツ論入門 A評価レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数894
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    スポーツ論入門のA評価レポートです。

    参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『自己のスポーツ(身体運動)体験を通じて獲得したもの、現在獲得しようとしているものを具体的に記述しなさい』
     私は学生時代、バスケットボール部に所属し練習に明け暮れる日々を送っていた。バスケットボールとは、5人対5人で一つのボールを用い、バスケット(以後ゴールと記す)にボールを入れるスポーツである。
    バスケットボールにおいての、ボールの扱いには「ハンドリング」と呼ばれるボールを操る動作。「パス」と呼ばれるボールを味方に渡す動作。そして「ショット」(以後シュートと記す)と呼ばれるボールをゴールに入れるという3つの動作で構成される。本リポートにおいては、このボールを扱う3つの動作より、バスケットボールの醍醐味とも言える「シュート」に焦点を当て、考えていくこととする。
     まず先にも述べたようにシュートとは簡単にいうと、ゴールにボールを入れることである。しかしその中にもまた分類分けが存在する。
    ルール面では、試合の規定時間進行中に放たれるシュートである「フィールドゴール」とチームがファウルを犯した場合にもう一方のチームに認められるシュートである「フリースロー」がある。
    次に技術面では、リングに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。