日本国憲法 A評価レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数505
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本国憲法のA評価レポートです。

    参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の下の平等について
     法の下の平等とは国民各々が国家との法的権利・義務の関係において等しく扱われなければならない憲法上の原則のことである。これは日本国憲法第14条1項において、法の下の平等の原則を記している。また第2項では貴族・華族制度の禁止、さらに第3項において栄典・勲章などに対する特権の禁止を定めている。これは、国家が個人に対して、不合理な差別をしてはならないという原則を定めたものであり、また個人が国家より不合理な差別をされないという権利を保障したものである。法の下の平等という概念では、個人は全てその人間的価値において同じ重みを持つことを意味し、単に「法律を制定・適用するにあたり、同様の扱いをする」というだけの意味には留まらない。ここでいわれている「平等」という概念は「全ての人が同じ」という意味を超え、「人は各々違う人間である」ということを積極的に認めることを意味する。それにより、「法の下の平等」という概念は第13条の「個人の尊厳」を実質化するものであると考える。
     次に、「法の下の平等」において、その内容について考える。そもそも「法の下」については2つの考え方が存在する。まず1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。