教育相談の研究 【レポート】 A判定 佛大NEW

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数722
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年 教育相談の研究 S0534 レポートです。(A評価)
    この資料は、レポート作成の参考として、わかりやすく丁寧に作成しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
    学校カウンセリングは、次のような背景を基に、必要性が叫ばれて発達してきた。まず、学齢期の子どもの行動(不登校、いじめ、非行など)が学校の問題としてのみではなく、社会一般の問題として問題視されてきた。そして子どもに対して教育的な関わりだけではなく、カウンセリング的な関わりが必要となった。子どもの問題行動は、イド(快楽を求める心)、自我(自分の行動を決定する心)、超自我(理想の姿を求める心)の3者のバランスが崩れることで発生すると考えられている。学校カウンセリングの目的は、人生において誰もが持つ悩みを解決するのではなく、生徒にみられる非社会的行動や反社会的行動に対して、生徒の自我、超自我に働きかけることにより、イド・自我・超自我のバランスを修復して、精神の安定と人格の完成を促すことである。またカウンセリングは大きく分けて二種類ある。一つは治療的(精神分析的)カウンセリング、もう一つは発達援助的カウンセリングである。学校カウンセリングは、後者に属するものである。
    これまで、学校は教育を受ける場として捉えられ、子ども達は勉..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。