スポーツ論入門 【レポート】 A判定 佛大NEW

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数723
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年 スポーツ論入門 Z1002 レポートです。(A評価)
    この資料は、レポート作成の参考として、わかりやすく丁寧に作成しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『自己のスポーツ(身体運動)体験を通して獲得したもの、現在獲得しようとしているものを具体的に記述しなさい』
    私のスポーツ体験を通して獲得したものは、礼儀、集中力、そして人を大切にする気持ちである。
    未熟児で生まれ育った私は1500グラムあまりの体重しかなく、母親の小さくとも丈夫な体に鍛えようという思いから小学2年生で道場の門をくぐった。当時の入門条件は小学3年生からという年齢制限があったが、母の切なる思いを受け取った先生から特別に入門を許可していただいた。私自身も剣道の防具をつけた姿が格好よく感じ、憧れを抱いていたため、剣道を始めるのに何の疑問も抱かなかった。
    ところが、入門を境にそれまでのんびりと過ごしてきた生活が一変して地獄に変わったのである。まず、道場に入った初日に先生から鉄拳の洗礼を受けた。それまで、学校の先生は元より親に叩かれた経験もなかった私にとっては、相当な衝撃を受けたのを覚えている。「なぜ、鉄拳を貰ったのだろうか?」どうやら帽子を被ったまま道場に入ったのが、いけなかったようだ。武道というのは、一般的なスポーツと異なり、勝ち負け以外に精神的な鍛錬を重視している。そのため、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。