日本国憲法 【レポート】 A判定 佛大NEW

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,409
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年 日本国憲法 Z1001 レポートです。(A評価)
    この資料は、レポート作成の参考として、わかりやすく丁寧に作成しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題
    ⇒法の下の平等について
    平等の理念は、人権の歴史において、自由とともに、個人尊重の思想に由来し、常に最高の目的とされてきた。
    自由と平等の二つの理念が深く結び合って、身分制社会を打破し、近代立憲主義を確立する推進力となった。
    このことは、アメリカ独立宣言(1776)やフランス人権宣言(1789)など、多くの人権宣言で示された通りである。
    我が国の現代の憲法においても、自由と平等は密接に関連し、依存し合う原理として捉えられている。
    しかし、歴史の経過を調べると、自由と平等とは相反する側面を有している。19 世紀から20 世紀にかけての市民社会において、すべての個人を法的に均等に取り扱い、その自由な活動を保障する形式的平等は、結果として個人の不平等をもたらしたのである。資本主義の進展にともない、持てる者は益々富み、持たざる者は益々貧困に陥っていったからである。法上の自由・平等は、事実の面での不自由・不平等を生じさせたのである。
    元来、人は平等であり、平等に扱われなければならない。しかし、すべての人を平等に扱うべきだからといって、罪を犯しただけで、あらゆる人を刑務所に入れるべきではない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。