【物理学】時間とはなにか 《A判定》

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数362
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    《担当教授が、時間について考えさせられたと太鼓判を押した論文です。》
    アインシュタインの相対性理論は、私たちに「時空」というものを教えてくれた。彼の素晴らしさとは。どこにあるだろうか。物理学に激震を与えるほどの発見をし証明したことであろうか。
    アインシュタインという人を通して、筆者が感じ入ったことを述べながら、時間を観念的なものと捉え、筆者の実体験も踏まえ、「時間とはなにか」を考察する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「時間とはなにか」
    空間と時間は密接に溶け合って時空となっている。
    アインシュタインが明かした真実で私たちは、人類史上でももっとも驚くべき
    一つともなった宇宙の真実であったであろう時空をいうものを知ることとなった。
    それは、地球という惑星に住んでいる私たちの直感や体感を遥かに超えている。
    通常、人は時間については人生と共にあるものとして、普段の生活を通し身近なものとして時間を感じている。
    時間が解決する、時間の問題だ、などの言語表現をみても、時間はいつも私たちに溶け込んでいるかのようである。なぜ人は時間というものをこんなにも意識しているのであろうか。
    意識しなくとも一定に流れていくものであるのに、なぜこんなにも時間について興味をひかれるのであろうか。
    ここで私は時間を観念的なものと捉え、人と共にある時間について考察することとする。
    時間を有効に使いたい。
    誰しもが一度は口にする言葉であろう。
    人は時間の重要性について直感的に理解している。
    そのように私たちが思う背景には、私たちに与えられた唯一絶対の事象が影響していると思う。
    人には唯一絶対に用意された宿命がある。
    それは、死である。我..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。