生物学実験(乳)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数311
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    実験, 測定, 方法, 温度, 定量, 判断, ペット, 規格, 製造, 保存

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【諸論】
    今回の実験では、乳の検査をした。乳は食品として人間の生活上重要な位置を占めているため、その製造法・保存規格・成分規格・添加物・器具・容器・包装・検査法・等級などに関して、厚生労働省・農林水産省の省令・告示によって定められている。実験では官能検査、アルコールテスト、滴定酸度、比重、乳脂肪の定量を調べた。
    【材料】
    1)生分規格
      無脂乳固形分・・・8.0%
      乳脂肪分・・・・・3.0%
      比重・・・・・・・1.028~1.034
      酸度(乳酸)
         ・ジャージー種の牛の乳のみを原料とするもの以外・・・0.18%以下
         ・ジャージー種の牛の乳のみを原料とするもの・・・・・0.20%以下
      細菌数(直接個体鏡検法で1ml当たり)・・・50,000以下
      大腸菌・・・陰性
    2)製造の方法の基準
      A 62~65℃までの間で30分間加熱殺菌するか、またはこれと同等以上の殺菌効果を有する方法で加熱殺菌。
      B 他物を混入してはならない。
      C 瓶の小分けして密栓する場合には、瓶詰め機械及び打栓機によっておこなうこと。
    3)保存の方法の基準
      殺菌後直ちに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。