ランのクリーンベンチ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数374
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    実験, 組織, 比較, 植物, 成長, 移植, 変化, 調査, ホルモン, 観察

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【諸論】
    今回の実験では、クリーンベンチを使った無菌環境下での植物組織の移植操作を経験した。今回使用したのは、シランプロトコームを使用し実験を行った。シランプロトコームは10月29日にクリーンベンチを使用しないでできる簡易法でランの無菌播種で播種した0.07%処理区の培地を用いてシランプロトコームの培養を行った。また、植物ホルモンであるオーキシンやサイトカイニンの効果についても植物体の観察をした。このことを比較するために、Free(ホルモン無添加)、NAA(ナフタレン酢酸)、BA(ベンジルアベニン)の処理したND培地で比較し観察した。
    【材料】
    シラン(ラン科:Bletilla striata)完熟種子由来のプロトコーム
    播種3週間前後:前々回の実験で無菌播種したもの
    培地:基本培地をND培地として、以下の濃度で植物ホルモンを添加したもの
       ①Free(ホルモン無添加) 記号「F」
       ②NAA(ナフタレン酢酸)1ppm 記号「N」
       ③BA(ベンジルアデニン)1ppm 記号「B」
       ④NAA0.5ppm、BA0.5ppm添加 記号「NB」
     培養容器は直径9cm×2cm..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。