センス鎖 まとめレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数868
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    情報, 遺伝子, 遺伝, 問題, 生物, タンパク質, 塩基, 合成, テロ, 細胞

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    センス鎖:遺伝子をコードしている鎖。二本鎖DNAでmRNAに転写されて翻訳される鎖。
    アンチセンス鎖:DNAの相補的な二本の鎖のうち、転写の過程でmRNAとして読まれない方の鎖。
    転写開始:プロモーターにRNAポリメラーゼが結合することで転写が開始される。
    転写基本因子:RNAポリメラーゼⅢが必要としていて、真核生物の転写を開始するために必要である。DNAに結合せず大型の転写開始前複合体の一部として存在。
    真核生物の転写:DNA上には翻訳される領域のエキソンと翻訳されない領域のイントロンが存在する。転写の段階ではエキソンもイントロンもすべて転写されてRNAが作られるが、転写を終えるとRNA上で不必要なイントロンの部分がすべて取り除かれ、エキソンだけがつなぎ合わされる。これをプロセシングといい真核生物で起こる特徴である。プロセシングを終えるとmRNAとして核の外に出て翻訳される。
    イントロンの存在:プロセシングに仕方が変わることで何種類ものタンパク質がつくられる。そのことにより、少ない遺伝子でもタンパク質のバリエーションが増す。
    原核生物の転写:転写開始点にRNAポリメラーゼが結合しDN..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。