相談援助演習 コミュニュケーション

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数412
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コミュニュケーションとは、複数の人間が互いに意思・感情・思考を伝達し合うことを意味し、言葉による言語コミュニュケーションと言葉以外の非言語コミュニュケーションにより構成される。
     言語には、音声言語(話し言葉)筆談や文字ボードなどの文字言語(書き言葉)モールス符号や展示のように言語の意味を表現する記号(表象された言葉)が有る。言語が無かった時代には人間もほかの動物たちと同じように声や身体表現によって思いを伝えていたのかもしれない。人間は言葉を持ったことにより言葉(言語)でつたえるようになり、考えている頃が明確となり、言葉(言語)で表現することで、伝えたいものを適切に伝える事が可能になったといえる。しかし一方で言葉はその機能の高さゆえに「語る」事で「騙る」ことも可能となり結果として防衛の手段としても使われるようになった。認知機能の障害で見られる幻覚や作話も言葉の機能の高さから生みだされた、人間に特有の症状と考えられる。
    非言語メッセージには、パラ言語、身体表象、物が有る。様々な要素が重なり話し手の心の内が言語に現れているもので、我々が五感として感じるものが生理的に似通っていることを基盤に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。