地域福祉の理論と方法 社会福祉協議会

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数544
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉協議会は厚生省(当時)の指導により民間の社会福祉活動を推進する事を目的としない民間組織で、戦後間もない昭和26年に社会福祉事業法に基づき、民間の社会福祉活動の強化を図るため、全国、都道府県段階で誕生した。その後市町村での組織化が進みました。
    社会福祉法では、市町村社会福祉協議会の使命・設置目的は「地域福祉の推進を図る事」とされている。地域住民や援助が必要な人々の地域自立生活を支えるだけでなく、社会参加や自己実現を送るための取り組みをし、連携を図り自助的、互助的に援助活動に参加するという意味も含んでいる。これらは市区町村ごと、地域ごとにニーズが違っているため社会福祉協議会は「制度の外側」「制度の隙間」に有るニーズを埋めるため、あらゆる可能性を考え手段を用いて取り組んでいく組織といえる。使命や役割は、社協の専売特許では無く、地域福祉の推進は誰が担っても構わない。他の施設とは異なり「使命」や「役割」を掲げている。
     実際の社協の地域福祉おける働きや役割とは、地域福祉の醸成、地区・団体活動の促進、サービス利用者の権利擁護の推進、要支援者へ対する対応の推進、情報提供相談対応の充実、保健..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。