法学 分冊1 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数663
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【課題】「法律不遡及の原則はなぜ必要か。具体例を示して説明せよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近代国家は、それまでの絶対的専制君主が権力を一手に掌握していた国家を打破して成立したという歴史的経緯がある。近代憲法はそれため、専断的な権力を制限し、国家の権利を保障するという立憲主義の思想に基づいている。すなわち、近代国家の憲法では二つ原理、「権力分立」と「基本的人権の保障」が国家の基本秩序の不可欠な要素となっているのである。
     そして、近代法の法体系も同様な理念に基づいている。近代の夜警国家的な自由主義観に依拠すれば、国家の役割は、警察や国防といった最低限の秩序維持に限定され、社会生活においても法は、個人の活動を規制するのではなく、互いに守るべき最低限のルールを示し、それに触れない限りにおいて自由な活動領域が守られると考えられたのである。この場合、近代法にあっては予測可能性がとりわけ必要とされる法課題であった。つまり、どういう行動をとるとどういった結果を招くことになるのかという予想が立てられることで、どのような行為が法に触れ、どのような行為であれば許容範囲であるのかということが明確にされる必要があったのである。予測可能性とは、ある行為をしたことがどのような結果をもたらすのか、一般的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。