英米文学概説分冊2

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数315
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     このレポートでは、Drama:Shakespeareの章をよんでW.Shakespeareの作品を優れたものとしている特性を物語・性格描写・筋もしくは構成・雰囲気を中心に論ずる。 劇の特性は小説の特性と同じ要素を持っている。しかし、演劇はステージの上での表現であり、小説は紙面上の表現であるため、その手法には違いがみられる。そのため、ここでは、物語・性格描写・筋もしくは構成・雰囲気を含む特性を中心に小説と劇を比較対照しながら、論ずる。
     まず、物語は劇においても小説においても大切な要素だが、物語に関しては、小説家よりも劇作家の方が少し難しい。なぜなら、小説であれば、物語を展開する上で必要な情報はページを割いていくらでも書くことが出来るが、劇ではそうはいかないからだ。劇が始まる以前に何があったのかを語る場所も時間もない。だから、劇の始まりを書くのは非常に難しい。しかし、Shekespeareはその難所を見事に克服している。The Tempestでは、無人島で劇の幕が開く。そこには、魔法使いのProspero,元公爵のMilanと娘のMirandaが住むのだが、劇の観客にはどういう経緯で彼..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。