英米文学特殊講義分冊1

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数347
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     このリポートでは、”Rappaccini’s Daughter”におけるGiovanni青年は「空想」が生み出した幻影を合理的に眺める傾向があったが、合理的な見方を尊び、あまりにも五感に重きを置きすぎるため、語り手に”deep heart””deep heart”に欠けていたと語り手に責められる理由を以下にその具体例を4つ挙げてる。
     まず、一つ目は、Giovanniは庭園を「現世のエデン」というが、その真意を理解できていなかった。「大理石の噴水」が「人工」のイメージと「破滅」のイメージを持つとすれば、「湧き水」の方は’継続を表す言葉で、「自然」の永遠性を、同時に「自然」の美しさとその活力を強めている。この庭園には、「人口と自然、破滅と永遠、肉体と精神、悪と善、醜と美」というものが「大理石の噴水」と「湧き水」という二つの対立関係に伏在する真実なのだ。しかも、この対立関係は、単なるコントラストではない。人工と共に自然が、破滅の陰に永遠が、肉体の奥に精神が、分かちがたく共存しているのだ。つまり、別々のものでありながら、一つであるという渾然一体となった両極の存在こそが「現世のエデン」の真の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。