アメリカ文学史分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数357
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    教材Chapter 4 An American Renaissance の概要をレポート前半でまとめ、そこで言及されている作家・思想家・詩人の中から一人を取り上げ、その作家の作品をできるだけ数多く読み、作品をレポート後半で述べる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     このレポートは、前半で「ルネサンス」の意味や超絶主義の作家達とそれを批判する作家らについてまとめる。後半部分ではソローの作品から窺える彼の人柄について感じたことを論じる。
     ルネサンスとは1830年代から1840年代に興った独特の新しい思想を作品に表した文学のことではないかと思われる。(Wikiペディア、アメリカ文学史より)
    ボストンでは若き知識人らの間で「新精神時代」が話題となり、彼らは内面生活を探求し始め「超絶主義」が広まった。超絶主義とは、論理ではなく感情や本能を通して真実を知ろうという思想だ。エマーソンやソローが代表的な超絶主義者だ。ルネサンスの主な作家達と作品について次に説明する。
    まず、エマーソンは1836年に超絶主義者会を立上げ、同年にNatureを書き、これが最も明確な超越主義理念の提示となる
    。the American Scholar(1837)や彼の一番有名な講義論文であるSelf-RelianceとOver-Soulを1841年に出し、1844年にThe Poetを書いた。彼は詩でも貢献し、Concord Hymnの作者として最も知られている。
    続いて、ソローだ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。