児童虐待防止法についてまとめなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数598
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    急増する児童虐待への対策としてどのような制度があるか。児童虐待防止法について概要を説明する(1200文字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子供の頃の経験は一生にかかる大きな影響を及ぼす。虐待を受け
    て育った子供はトラウマを抱え、精神的に不安定になり、非行、社
    会不適応、また自らが親となった場合の再虐待などの不適切な行動
    を取りやすいとされる。その回復には長い時間と大変な努力を要す
    る。子供を不健全な環境からいち早く救い、健全な養育環境に置く
    ことで後々に生ずる様々な問題を予防し、生を受けた子がその才能
    を活かして幸せに生きていけるような支援が求められる。
    児童の虐待等に関する法律では殴る、お湯をかけるなど物理的な
    虐待を加える「身体的虐待」、子供にわいせつな行為を加えたりさ
    せたりする「性的虐待」、食事を与えなかったり、不適切な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。