児童手当制度の概要について説明しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数363
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    児童手当制度の概要について説明しなさい(1200字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童手当は1971年に児童手当法が成立したことにより始まった。
    児童手当も社会手当の一種である。社会手当は社会保険のように受
    給者の保険料拠出を必要とせず、公的扶助のように資力調査がなく、
    支給対象条件に該当すれば受給者の個別の事情をさほど考慮せずに
    支給されるという点で異なる。
    児童手当の目的は家庭における生活の安定と次代の社会を担う児
    童の健全な育成、資質の向上である。
    児童手当の受給者は小学校修了前の児童を養育している父母であ
    り、支給額は3歳未満が月額1万円、3歳以上は第1子、第2子が月額
    5000円、第3子以降が月額1万円である。
    受給者には所得制限がかかる。場合にもよるが前年の所得..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。