成年後見制度の課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,400
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    成年後見制度の抱える課題について数点列挙した

    ※このうち選挙権の問題については最高裁の判断を得て改善されましたのでご注意ください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (成年後見制度の課題)
    成年後見制度には課題もある。そのうちの何点かについて記述していく。
    まず、医療同意権の問題である。外科手術のときなどに体にメスを入れたり臓器を摘出するなどの行為を医療侵襲行為と言うが、成年被後見人では通常本人が為すべき同意を行うことができないため問題となる。
     成年後見人は本人にかわって本人の財産に対し判断、処分する権限や施設入所の契約を結ぶ権限はあっても、医療行為への同意権が法的に付与されていない。すると治療のため必要であっても誰も同意するものがいないので医療行為を為すことができなくなってしまう。原則通りにすると、意思能力がある人であれば治療を受け、生き永らえることができたもの、たまたま意思能力が欠けていたり、代わりに同意してくれる家族が居なかったばかりに治療が受けられずに不利益を被ることになってしまう。
    現状では医療現場にて同意を求められても成年後見には権限がないとして、医師に判断を委ねるなどしている。医師もそこまでのリスクを負うことは負担であるし、医療側に疎遠な親族を捜し出して同意をもらうような手間も大変であるので、成年後見人に医療同意権を付与すべきかどう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。