福祉行財政と福祉計画「福祉計画を策定する際に「福祉サービスの実践の担い手」や「当事者」の参加を求めることの意義について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数872
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    福祉計画を策定する際に「福祉サービスの実践の担い手」や「当事者」の参加を求めることの意義について述べよ。またこの場合議会との関係をどのように理解するべきかについても考えなさい。(1200字 ※A評価)
    【社会福祉法による地域福祉計画には条文上で地域住民の参加が求められている。そこには地域福祉とは何かという神髄が含まれているように思う。その意義と理念について明らかにすべく試みた】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉法は第107条において「市町村地域福祉計画」を策定する
    ことを定め、その策定過程においては「住民、社会福祉を目的とす
    る事業を経営する者その他社会福祉に関する活動を行う者」の意見
    を反映させることを明記している。第108条の都道府県地域福祉支援
    計画も同様に住民の参加を求めている。住民や社会福祉に携わる者
    が計画の策定に参加することの意義について述べる。
    まず住民自治の観点である。かつての国家体制は中央集権体制に
    より制度の基盤整備を第一とし、画一的であった。ところが国家が
    成熟すると、地域ごとに異なる条件などから多様性や個性が重視さ
    れるようになり制度の弊害が目立ってきた。そこで各地..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。