バリアフリー新法について概要を述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数475
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)について概要をまとめた(1200文字)
    【バリアフリー新法はソーシャルインクルージョンの理念を取り入れ、その実現を目指した法律であるように思う。その内容は社会福祉士国家試験の頻出ポイントの一つでもあり、一度整理しておくことをおすすめしたい】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律は平成18
    年に制定された法律である。高齢者、障害者等はハンディキャップ
    を持つために自立した日常生活に困難を生ずることがある。例えば
    道路における段差であったり、狭い公衆トイレの利用などの場面に
    おいてである。そこで移動や施設利用等で障壁を無くし社会に出易
    くし、公共の福祉の増進を目的として法律を整備している。
    元々平成6年にはいわゆるハートビル法が整備され、平成12年には
    交通バリアフリー法の整備によって高齢者、障害者等の移動円滑化
    支援は試みられていた。しかし、これらの法律は高齢者と身体障害
    者を念頭に置き、彼らの移動円滑化を目的としてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。