発達障害者支援法について概要と課題を述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数463
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    発達障害者支援法の概要をまとめ、同時に課題についてもふれた。(1200字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達障害者支援法は2004年に可決、成立し2005年より施行された。
    発達障害者支援法における発達障害とは「自閉症、アスペルガー
    症候群その他の広汎性発達障害者、学習障害、注意欠陥多動性障害
    その他これに類する脳機能の障害」である。これらは生まれつきの
    脳機能の偏りによる障害であるとされ、低年齢より影響が生じる。
    「発達障害者」とは発達障害を有するために日常・社会生活に制限
    を受ける者であり、「発達障害児」は18歳未満の発達障害者である。
    発達障害者は音や光などへの過敏性、対人関係の不安定さ、易怒
    性などの感情のコントロールの困難などの症状を持つ。これらは外
    から見ただけでは原因がわからないた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。