子育て支援事業について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数793
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童福祉法の改正により法律上の位置づけが明確になった乳児家庭全戸訪問事業、養育支援訪問事業、地域子育て支援拠点事業、一時預かり事業の4つの子育て支援事業についてその概要を述べる(1200字)

    【少子化の時代において子育て支援事業は重要な国家政策となった。今の日本の子育て支援策がどのようになっているかを整理しておくことは社会福祉士国家試験での頻出ポイントであることは言うまでもなく、実際に社会福祉士となって相談援助を受ける際においても極めて重要である。上記4つがどのようなものでどういった人を対象にしているか内容を整理してみた。】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2008年の児童福祉法の改正によって乳児家庭全戸訪問事業、養育
    支援訪問事業、地域子育て支援拠点事業、一時預かり事業の4つの
    子育て支援事業が法律上の制度として位置づけられた。同時に社会
    福祉法においても、これらが第二種社会福祉事業となり、社会福祉
    法上の届出、指導監督の対象となるように改正された。改正では児
    童福祉の施設サービス中心の方向性を在宅サービスの充実を図る方
    向にすること、地域での支援を充実させるために市町村が子育て支
    援事業の実施に必要な措置をとることなどが目標となった。
    地域子育て支援拠点事業は核家族化により近隣との関係が希薄化
    する中、子育て中の親子の不安や悩みを相談できる場..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。