「福祉施設における就労から一般企業等における就労への移行を進める上での課題について述べなさい」(就労支援サービス)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数510
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    福祉施設における就労から一般企業等における就労への移行を進める上での課題について述べよ(1200文字)※A評価

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者自立支援法は自立した日常生活又は社会生活の達成とその
    支援策について定め、障害者が安心して暮らせる地域社会の実現を
    目指している。人にとって自立とは経済的自立、精神的自立、生活
    的自立の3要素からなり、全ての達成が望ましい。中でも就労で得ら
    れる人間関係や自分が社会の中で役割を担っているという感覚は単
    に生活費を稼ぐこと以上に人間らしい生活にとって大切な感情であ
    る。障害者は、能力的な不利により職場等で敬遠され、社会から排
    除された状態になりやすい。障害を持っても個人の尊厳を保証し、
    能力を生かし社会の一員として人間らしく生きる機会は十分に保障
    されるべきある。その目標達成を見据えた支援..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。