相談援助における援助関係の意義と形成方法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,124
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    相談援助における援助関係の意義と形成方法について説明しなさい。※バイスティックの7原則を中心にまとめています。相談を受けるときにこうやって信頼関係を築いたという実際の具体例を加えて記述するとよりよいレポートになると思います。適宜記述を加除していただき皆さんの学習の参考としてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉における相談援助とは問題を抱えた者に対して、問題解
    決の手助けをすることであり、要援護者と援助者の間の対人関係の
    ことを援助関係という。両者が人間である以上、援助者のことを要
    援護者が信頼するような対人関係の構築が求められる。人は信頼で
    きる相手にでないと自らの問題を打ち明けたりはしないからである。
    援助者は問題の背景やどこに原因があるかなどは来談者が話してく
    れたことのなかから探ることになるが、その時はなるべくいろいろ
    なことを話してもらったほうがより事態がはっきりするため望まし
    い。相談援助に置いては信頼関係の構築がカギとなる。
    援助関係の形成に具体的にすべきこととは何か。それには..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。