ケースマネジメントとケアメネジメントの意義と方法について述 べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数978
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・ケースマネジメントとケアマネジメントの意義と方法について述べる。※単純にまとめただけでありここから適宜記述を加減して自らの考えを加える事で自分だけのレポートとして欲しいと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ケースマネジメントはアメリカで発達し、ケアマネジメントはケ
    ースマネジメントを元にイギリスで発達したものである。いずれも
    生活困難で援助を必要とする利用者に福祉・保険・医療サービスを
    効率的に素早く受けられるよう調整することで地域でできるだけ永
    く生活できるように支援する援助の方法である点は同様である。ケ
    アマネジメントでは、マネジメントするのはケースではなくケアの
    方である点に特に注目し名称を変えている点にも注目したい。自ら
    援助に乗り出してケースに入り込みすぎるのではなく、調整役とし
    て存在するという脱専門職化としての意味は重要な点である。
    ケアマネジメントの意義は一つは多様なニーズを抱え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。